完全バリアフリー乗換案内の目次はこちら

2017年12月31日

コミケ93に参加します

2017/12/31(日)東6ホール ト06bに配置されました。

秋葉原生活情報誌「あきばよめ Vol.5」を頒布いたします。

Vol.5はVol.1とVol.3の間の秋葉原育児体験談(0〜2才篇)を予定しています。子連れで来るイメージの薄い町ですが、千代田区外神田は江戸時代から人が住み区立児童館などの施設もあり、家族で住める町でもあります。千代田区独自の子育て世代支援の良いところや課題なども含めてとりあげます。


そのほか、既刊も持って行きます。




なお、既刊「あきばよめ Vol.3」の記載内容について最近になって大きな動きがありましたので、
この場を借りてお知らせいたします。

https://www.city.chiyoda.lg.jp/koho/kosodate/hoikuen/riyoannai/hoikuen-nyuen.html
https://www.city.chiyoda.lg.jp/koho/kosodate/hoikuen/shien/torikumi.html
2017年11月発表の平成30年度保育園入園案内では、
居宅訪問型保育事業について選考指数が導入されました。
これは、待機児童の条件を満たす子どもが発生したとしても、
選考指数によってはベビーシッター補助を受けられない可能性があるということを意味しています。
既に2017年10月1日時点で10名※の待機児童が発生していますし、
2018年4月は認可保育園等の新設がありませんので、
これはそのまま「千代田区は2018年4月1日に待機児童が発生する可能性がある」という状況を示します。
※一般に公表される全国的な集計は、最も待機児童が少なくなる4月1日時点を対象としています。

なお隣接区では、
港区が2017年4月から同様の待機児童対策を行っており、
しかも2018年4月から利用条件を緩和します(5園以上申込→2園以上申込)。
https://www.city.minato.tokyo.jp/hoikusien/kyotakuhoumon.html


※内訳は、麹町地区在住0歳が5名、神田地区0歳が3名、麹町地区2歳が2名となっています。
 このほかに、実際には認可保育園等に入れていないが待機児童にカウントされていない子は287名います。

(最終更新 11/14)
posted by あきばよめ管理人 at 16:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

ベビーカーのためのJR新宿駅 - 完全バリアフリー乗換案内

Googleストリートビューで新宿駅構内が見られるようになりましたので、 これを使ってベビーカーで移動可能な(階段もエスカレーターも使用せず、上下移動はエレベーターやスロープのみの)ルートを紹介します。




 

現時点で対応しているルートは以下のものです。今後追加します。

  • JR新宿駅東口(アルタ前)→JR新宿駅7〜8番線(中央線快速東京方面)
  • JR新宿駅東口(アルタ前)→JR新宿駅13〜14番線(山手線渋谷方面、中央・総武線秋葉原方面)
posted by あきばよめ管理人 at 00:11 | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

子育て世代直撃のドラゴンボールスタンプラリーをベビーカーでまわるには

水曜19時といえば12ch※でドラゴンボールだったひばりです。

※地デジになってからは宮城県でも8chになりました。

ということは、
JR東日本 そうさ今こそ!DRAGON BALLスタンプラリー
http://www.jreast.co.jp/dragonball-rally/
に反応しないはずがありません。

年末にとある駅で
「大人の休日倶楽部パス」の吉永小百合さんのポスターと
このスタンプラリーの中年男性かめはめ波ポスターが並んでいるのは
対象の年代でこんなにも宣伝は変わるものかと
面白かったのですが、あいにく混んでいて写真は撮れませんでした。

それはさておき、
このスタンプラリー、
一時のポケモンスタンプラリーほどではありませんが
全65駅となかなかのボリュームです。
(東京モノレールを除いてJR東日本の東京支社エリアに限られるので
駅数のわりには遠くまで行く必要はありません)
ただし、他のスタンプラリーよりも対象年齢が高めということで
スタンプ設置時間も昼間限定ではなく朝から夜まで、
期間も2017年1月10日〜2月27日とじゅうぶん確保されています。
会社帰りにちょっと寄り道しながらスタンプを集めていけます。

しかし、うちは育児中なので、
行こうと思ったら子どもも連れて行かないといけません。
65駅の中でベビーカーにはちょっとつらいところはどこなのか、
まとめてみました。


(1)恵比寿駅:山手線/埼京線/湘南新宿ライン

本来ならば全く問題なく利用できるはずですが、
ちょうど山手線ホームへのエレベーターが工事中です。
大崎駅や渋谷駅などから、埼京線や湘南新宿ラインで行くのがよさそうです。

(2)新大久保駅:山手線

この駅にはそもそもエレベーターがありません。
中央・総武線の大久保駅がすぐ近くにあるので、
そちらに行った際にまとめて押してしまいましょう。

(3)御茶ノ水駅:中央線快速/中央・総武線各駅停車

ここもエレベーターがありません。
スタンプは西口とのことなので、
東京メトロ丸ノ内線御茶ノ水駅からすぐ近くです。
秋葉原からも歩いて行ける距離です。

(4)水道橋駅:中央・総武線各駅停車

エレベーターは東口ですが、スタンプは西口です。
とはいえ、いったん外に出て歩けばOKでしょう。

(5)中野駅:中央線快速/中央・総武線各駅停車

ここもエレベーターがありません。
東京メトロ東西線で行っても同様です。
どうしても階段もエスカレーターも使いたくないならば
東京メトロ丸ノ内線の新中野駅から歩いていくか、
渋谷、新宿、池袋などから路線バスに乗りましょう。

(6)王子駅:京浜東北線

エレベーターは中央口、スタンプは北口です。
中央口を出て右に行き都電の線路をこえて
歩道橋の下を行くように横断歩道を2回渡ります。

(7)東十条駅:京浜東北線

エレベーターは北口、スタンプは南口です。
東西いずれかからぐるっと回り込みます。

(8)板橋駅:埼京線

この駅もエレベーターがありません。
都営三田線の新板橋駅から歩いていけます。

(9)十条駅:埼京線

改札内にエレベーターがなく、スタンプが北口のため、
赤羽・大宮方面の電車で十条に着くようにするとスムーズです。
池袋・新宿方面の電車でも、
いったん南口を出て踏切を渡れば北口に行けます。

(10)松戸駅:常磐線快速/常磐線各駅停車

JR線のホームにはいずれもエレベーターがありません。
南流山駅に行ったついでに同じ武蔵野線の新八柱駅に行って
新京成電鉄に乗り換えると、新京成の松戸駅のエレベーターが使えます。

(11)我孫子駅:常磐線快速/常磐線各駅停車

ここもホームにエレベーターがありません。
天王台からの路線バスも本数が限られます。


65駅のうち大半は問題なく、
また上に挙げた駅もちょっと回り道するだけでどうにかなる駅が
多いことがわかります。
手をつないでホームを歩くのはまだ早いかなという年頃であっても、
軽めのベビーカーに抱っこ紐も入れておいて
混雑する時間を避けて利用すれば、
駅数のわりには順調にまわれそうです。
posted by あきばよめ管理人 at 00:02 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。